top of page
  • rebeccacheng1101

海外ビジネスレポート~海外スタートアップ企業編~ 第2回 台湾

News Link:https://psee.io/5hs8xa きらぼしコンサルティング 蓑田、于 2023/06/28


日本と距離の近い台湾。経済面でも以前から日本と台湾の交流は続いていますが、今年に入り、台湾の大手半導体メーカーTSMCが熊本県に新工場の立上げを決定し、更なる日本との関係強化が見込まれます。この台湾ですが、半導体やパソコンの大手企業だけでなく、数多くのスタートアップ企業が日本市場への参入を進めています。今回は、この台湾のスタートアップ企業の国内外の展開を支援するトリプルアイと台湾スタートアップ企業をご紹介します。


台湾ベンチャー企業のご紹介

同時音声翻訳サービス提供会社VMFIインタビュー/Maxwell Peng社長


前職はアメリカの会社で通訳をしていたのですが、翻訳には時間とコストが掛かりすぎる、既存の翻訳機も意図が言葉に翻訳されるなど課題を感じていました。一方、AIの実用化が進み、低コストの翻訳サービスが提供できる環境が出来つつあったことから、同時翻訳機に将来性を感じ、AI通訳の研究開発を行ったことが、起業のきっかけになりました。台湾はスタートアップ企業に対して政府の様々な支援策があります。スタートアップ企業への補助金や表彰イベントもあり、弊社も台湾市から100万台湾ドルの補助金をもらったことがあります。


音声翻訳サービスの競合他社は多く存在しますが、当社の特長は①同時音声翻訳のスピードが速いこと、②手間をかけずに簡単に同時音声翻訳できること、③他社の同時翻訳が15秒程度しか対応できないことに対し、弊社製品は最長12時間の連続音声通翻訳が可能であることの3つです。


2021年からJETROの支援を通じて日本企業との商談をはじめ、現在はJR九州などで弊社同時翻訳サービスを試用してもらっています。弊社製品は海外関連のイベントやスピーチで同時通訳として使われる想定しており、今後は国際関連のイベントを開催する日本企業とアプローチし、目標として2025年の大阪万博で採用されることを目指しています。

2 views0 comments
bottom of page